倉敷地域自立支援協議会


専門部会

HOME > 専門部会 > 就労部会 > 詳細

就労部会会議録詳細

平成25年度 倉敷地域自立支援協議会 第1回 就労部会
会議日時
平成25年6月21日(金) 13:30〜
1 開 会  (挨拶 大島所長)
本日は、お足元の悪い中、たくさんの方にお集まりいただき、ありがとうございます。
障がい者の就労について考え、意見交換やそれぞれの役割を話す会として有効な時間になればと思っております。よろしくお願い致します。

2 内 容
(1) 平成24年度障がい者就業・生活支援センター実績報告及び今年度の取組み
(鐵野支援員) 
H24年度 倉敷障がい者の雇用状況に就業・生活支援センター事業実施状況
報告。平成24年度岡山県備中圏域障害福祉者就労支援ネットワーク連絡会活動
報告書の内容説明⇒資料参考
(2) 障がい者雇用状況について(山本JC)
H23年度支援状況 知的10人 精神4人 フォローアップ人数 13人
H24年度新規JC支援者数 10人
(内訳) 
身体1人/ 日本ゼオン(児島)清掃作業
知的3人/ きのこ(笠岡)清掃作業
       フジパン(倉敷)番重洗浄作業
       シンニチロ(倉敷)清掃作業
精神6人/ うつ病2人/GU(倉敷)値付け・検品作業
       アイビー(倉敷)営繕作業
       高次脳(脳腫瘍による)1人ビックモーター(倉敷)洗車業務
       統合失調症2人 でりか菜(倉敷)番重洗浄作業
       成人病センター(倉敷)ピッキング・事務補助
    広汎性発達障害1人 日精医療食品(児島)調理補助・盛り付け
退職者 4人(知的2人 身体1人 精神1人)

H25年度JC支援数 9人
(内訳)精神3人 発達3人 知的6人
          
(3) 障がい福祉の状況について (ハローワーク倉敷中央 山下統括)
厚生労働省発行の障がい者の雇用状況についての資料を基に、内容説明
平成24年6月1日現在における障害者の雇用状況報告
平成24年度職業紹介状況と推移の報告
民間企業における障害者の雇用状況と障がい種別の報告⇒資料参考

(4) グループディスカッション
検討内容 @今、障がい者雇用に足りないと感じることは?
AH25年度 就労部会での取り組みについて
        Bその他、話し合ったこと

1班 倉敷公共職業安定所 山下統括 ・児島保健福祉センター 福祉課 小牧氏
倉敷市立倉敷支援学校 川手氏 ・多機能型事業所 いろどり 田村氏
倉敷福祉工業 馬場氏 ・オープンセサミ 池田氏
つばさせとうち 岩田氏 ・倉敷市障害者福祉センター 松井氏
(医)大森クリニック 坂川氏 ・地域支援センターひまわり 井上氏 
くらしき地域若者サポートステーション 北殿氏
鐵野 (計12名)

@ 障がい者の就労に関係する機関同士の横のつながりが大切になると考えているので、 つながりの強化が足りないと感じている。
障がい者雇用の際に、目で見てわかるような資料の作成が望まれる。
A 障がい別に事例検討し、今後の障がい者雇用の際に役立つような話し合いや意見交換がしたい。現場を見る機会が無いので、現場を体験する機会があると良いと思う。
B 記入なし

2班 岡山職業センター 井上氏
倉敷市総合療育相談センターゆめぱる 原田氏
    岡山県立早島支援学校 片山氏 ・ハートスイッチ倉敷校 渡邊氏
    多機能型事業所手まり 中田氏 ・(医)しげい病院 MSW 南氏
    ドリームガーデン真備 坂本氏 ・くらしき地域若者サポートステーション 亀山氏
のぞみの会 塩見氏      ・小松          (計10名)

@ 相談支援事業所が不足していることを感じている。また、どこに相談すればいいのか?もはっきりしていないように感じる。A型作業所・B型作業所・就労移行とあるが、各施設の制度の締め付けがあり、有効に利用ができていないと思う。
A 作業所の現場で困っていること・対応策等の事例検討や話し合いをして、障がいへの理解を深めることにより、スムーズな支援ができるようになると思う。
B 記入なし

3班 備中県民局 健康福祉部福利振興課 下河氏
早島町地域活動支援センター 森山氏
福田南中学校子どもの社会参加を考える会 石浦氏
倉敷市保健所 保健課 石原氏 ・岡山県立西備支援学校 小笠原氏
ハートスイッチ倉敷校 宇野氏   ・りさく 亀井氏
倉敷市まびの道 酒賀氏      ・ハウスひなたぼっこ 高籏氏
    真備地域生活支援センター 森本氏 ・(医)わに診療所 出原氏
    瀬川 (計12名)

@ 本人の立場に立っての支援が不十分であると感じている。B型事業所の工賃引き上げの話が出ているが、利用者のニーズに合っていなければ、意味がないと思う。
A 時間の都合で未検討
B 記入なし


4班 備中保健所 保健課 心の保健福祉班 廣澤氏 
倉敷市 商工労働部 労働政策課 河田氏   
岡山県立南部高等技術専門校 秋山氏     
ライフステップひまわり 武下氏       ・りさく 中村氏      
児島障がい者支援センター 守屋氏      ・ぽけっと 小林氏
(社福)倉敷市社会福祉協議会 秋田氏     ・倉敷市まびの道 山本氏
倉敷地域生活支援センター 西原氏      ・大島   (計11名)

@ 障がいの理解・知識・職場の受け入れ時の雰囲気・地域交流・働くことへの小さい時からの意識づけが足りないと感じている。障がいを持たれている方の「働きたい」というニーズや能力に合わせた支援体制が不十分に感じる。
A 過去の就労部会で取り組んで良かったことを再度、行ってほしい。
就労への取り組みを分かりやすく、資料作成。
障がいに合わせた支援体制が整っていないので、事例検討や取り組みに、
それぞれの立場から意見を聞き、情報交換の場を設けていく必要があると
感じる。
B 記入なし

5班 倉敷市福祉部障がい福祉課 八方氏・岡山県立倉敷琴浦高等支援学校 池田氏
    吉備の里 なでしこ 石坂氏   ・アグリ・エカロー虹 石澤氏
    あさひ園 佐々木氏       ・倉敷授産場 佐藤氏
ワークス未来 永瀬氏 ・倉敷発達障がい者支援センター 太田氏・玉島障がい者支援センター 大崎氏
    倉敷市精神障がい者家族会連合会 江口氏
 入江                  (計11名)

@ 障がい者支援の余裕がない。家庭では、金銭面・生活援助・学校では、教育倫理・就労時には、支援が足りない・企業は障がい理解が足りないと感じる。
A 見学会(グループに分かれて、企業へ行き報告)
学校・事業所・行政などが、自分の所属機関についての発表をしてほしい。
B 真備に新しく支援学校が出来るが、高等部卒業後の受け皿が課題になっている。
・琴浦支援学校・瀬戸高等支援学校には、軽度な知的障がいの生徒が
入学してきている。コース(家政など)分けして勉学・専門的な勉強をして
いる。1年生の内から実習に取り組んでおり、前提実習⇒内定⇒移行実習×3  〜4回⇒卒業の流れが出来ており、コースの担当者・教諭が
担当している(個別ではない)

6班 倉敷市福祉部障がい福祉課 黒田氏 ・倉敷市立倉敷支援学校 吉岡氏
    吉備の里 なでしこ 野崎氏    ・これから 松岡氏 
    いっぽいっぽ 小林氏       ・ワークス未来 永山氏
    地域支援センターひまわり 原氏  ・水島障がい者支援センター 栗原氏
    倉敷市手をつなぐ育成会 金邉氏  
倉敷障碍者リハビリテーションセンター 岡野氏
山本                           (計11名)

@ 障がい特性の理解が足りないと感じるので、障がい特性を細かく伝え、理解してもらうために、出来ること・出来ないことを記載したワークシートの作成が有効と感じる。
企業に見学をお願いし、障がいについて理解を深めてもらう必要があると
感じる。
A 障がい特性について、理解不足で継続就労が出来ない事もあるので、企業も
就労部会に参加して頂き、障がい特性の理解や企業へ提出するワークシートの
作成。
B 記入なし


(5) その他・情報交換
・備中県民局 健康福祉部 福祉振興課 下河氏より、カフェこら〜れのご案内
・就業・生活 鐵野支援員より、企業セミナーを11月8日(金)のご案内
・就業・生活 入江支援員より、就業・生活支援センターのホームページ
アドレスの変更のお知らせを行い、今年度中は今のアドレスが利用可能だが、
来年度から利用できなくなる事をお伝えした。


平成25年度 就労部会開催予定
 第2回 9月3日(火)13:30〜15:30 健康福祉プラザ201研修室
 第3回 12月3日(火)13:30〜15:30 健康福祉プラザ201研修室
 第4回 平成26年3月4日(火)13:30〜15:30 健康福祉プラザ201研修室

3 閉 会 (就業・生活 入江支援員)
本日は、お忙しい中、お集まり頂き、ありがとうござました。雨が、まだ降り続いておりますが、
お気をつけてお帰りください。

PAGE TOP
HOME自立支援協議会の歩み協議会メンバー紹介相談窓口ケア会議専門部会げんきじるし研修会・セミナー情報
Copyright (c)Kurashiki. All Rights Reserved.