倉敷地域自立支援協議会


専門部会

相談支援部会会議録詳細

平成27年度 相談支援部会(第5回) 議事録
会議日時
平成27年12月18日(金) 13:30〜
平成27年度 倉敷地域自立支援協議会 相談支援部会(第5回) 議事録

平成27年12月18日(金)13:30〜15:30
くらしき健康福祉プラザ301研修室
参加:9機関14名

1.地域定着支援について
@ 地域定着の支給決定の現状
倉敷市役所障がい福祉課 副主任 藤井 竜也氏より

障がい福祉計画の目標値などを踏まえ、現在の状況などを報告していただきました。
A) 現在までにあった緊急とは?
B) 対象はどういう方が多いのか?
について具体的に話をし、支給決定者数と現在までの緊急対応の実績をシェアしました。

2.基幹相談支援センターの構想についてについて
@ 困難事例について
グループに分かれて「今まで寄せられた『困難ケースとは?』」について話し合い、そのような事例に対してどのような支援が欲しいかを検討しました。
【困難ケース】
・要求(利用者・家族)が強い⇒スーパーバイズ(指導)を受ける、
・触法ケース⇒他事業所にも一緒に関わってもらう(複数の事業所で関わる)
・社会資源のないケース⇒ケース会議(行政)の開催
・虐待ケース⇒関係機関で対応を統一しておく
・支援者が多過ぎるケース⇒ケース会議の開催(役割分担)、
・障がい特性⇒理解を深める(知識・情報の提供)
A 新規相談支援事業所の初回面接時における不安について
 グループで「今まで寄せられた『不安とは?』」について話し合い、グループ内で共有、シェアしました。
 また、「新規事業所に対してどのような支援が望ましいか」ということについて検討しました。
・初回面接や契約までの流れ⇒教育指導係を創設する、T型事業所が契約に同席、流れを共有できるものを作る、
・どのようにアセスメントをとっているのか⇒同席
・プラン作成全般⇒説明会や研修の実施、スーパーバイズ、相談支援部会の活用
・事業所へのつなぎ方(使えるサービスの理解)⇒ケア会議の同席
3.その他
情報交換等しました。
■次回 平成28年2月19日(金)13:30〜15:30 くらしき健康福祉プラザ 301研修室

PAGE TOP
HOME自立支援協議会の歩み協議会メンバー紹介相談窓口ケア会議専門部会げんきじるし研修会・セミナー情報
Copyright (c)Kurashiki. All Rights Reserved.