倉敷地域自立支援協議会


専門部会

相談支援部会会議録詳細

平成27年度 行政連絡会議(第3回) 議事録
会議日時
平成28年2月26日(金) 13:30〜
平成27年度 倉敷地域自立支援協議会 相談支援部会・行政連絡会議 議事録

平成28年2月26日(金)13:30〜15:30
くらしき健康福祉プラザ301研修室
参加:13機関14名

1.自己紹介
各参加者が自己紹介を行った。

2.ケア会議とサービス担当者会議とは?
真備地域生活支援センター 所長 永田 拓 氏より
 ケア会議…相談支援専門員だけではどうにもならないケースを議論する場。行政にも入って欲しい会議。
 サービス担当者会議…プランを案から正にする時に開催するもの(更新のタイミングで開催)
サービス等利用計画作成で見えてくるもの:サービス利用の目的がはっきりする。本人の課題が整理できる。現状を評価できる。
⇒各々の立場でメリットがある(何のサービスをどういった目的で利用するかが確認できる。地域課題が浮き彫りになる等)

3.事例検討「PICAGIP」(パーソンセンタードアプローチ)
 スーパービジョン実施者 真備地域生活支援センター 永田 拓 氏(岡山県圏域相談支援コーディネーター)

PICAGIPの方法を使って事例検討を行った。

4.質疑応答・その他
・地域定着支援について…どこまでを算定OKしていいのかが不明確。今後は相談支援部会で倉敷市独自のルールを作っていく必要がある。
・今後の行政連絡会議は、来年度は年1回予定。(行政が集まる場や研修は必要なので)

PAGE TOP
HOME自立支援協議会の歩み協議会メンバー紹介相談窓口ケア会議専門部会げんきじるし研修会・セミナー情報
Copyright (c)Kurashiki. All Rights Reserved.